トイレの水漏れは修理できるのか

トイレの水漏れトラブルは、決して珍しい話ではないです。この問題は原因がいろいろとあって、自分で修理できるような軽微なものもあれば、業者の手を借りないと難しいトラブルも見受けられます。めったにないことではあるものの、トイレの交換が必要な事態もゼロではないです。

■床が濡れている場合には自力での修理は困難

トイレに入ると、床が濡れている、このような症状に心当たりはないですか。タンクやパイプなどで水漏れが起きていて、それがポタポタ垂れて床を濡らしていることがあります。便器にひび割れが発生してそこから漏れ出している、床の下の配管に何らかの問題が発生しているなどの症状の場合、素人では対処できません。
もし便器が割れているのであれば、トイレの交換が必須です。また配管に不具合が発生しているのであれば、床をはがして内部をチェックしなければなりません。いずれも業者に依頼するよりほかに手はないです。

■ウォシュレットの故障も自力では修理不可能

現在自宅でウォシュレットを導入している家庭も多いです。ティッシュをたくさん使わずにきれいにできるため、エコで家計も助かるとして人気です。しかしこのウォシュレットが故障すると、ずっと水が滴っている状況になります。このウォシュレットは、電化製品のため素人が触るのは危険です。ショートを引き起こし感電することも考えられます。
精密機械で一般の方にはどこで問題が起きているか把握するのも困難です。業者を呼んで、プロの技術力を使って修理するのがおすすめです。

■まとめ
トイレは1日に何度も使用するもので、もしこれが使えなければ、かなり日常生活に支障をきたします。トイレの周りがいつも濡れている、何か湿っているというのであれば、速やかに業者を呼ぶべきです。原因を特定して、必要な修理をお願いしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ