給湯器の水漏れは多い!修理で対応を

現在多くの住宅で給湯器を取り付けていることでしょう。冬場の厳しい寒さの時には、温かいお湯を供給してくれる欠かせない家電です。ところでこの給湯器のトラブルで多いとされるのが、水漏れです。この水漏れを放置していると、場合によっては危険です。

■放置するとどうなるか

給湯器から水漏れをしているが機能的には問題ないため、そのまま使い続けている家庭も結構多いです。しかしそのまま継続使用すると、危険であるかもしれません。炎から近い場所で水漏れが発生している場合、不完全燃焼を起こす恐れが出てきます。長期間放置していると、一酸化炭素が発生します。一酸化炭素を人間が吸い続けると、最悪死に至ることも考えられます。
そのほかにも電気系統に水が入ることでショートを起こし、完全に故障することも考えられます。本来は修理で何とかなったものが、給湯器 交換と大掛かりな作業になりかねません。

■水漏れを起こしている際の対処法

給湯器の修理は自分でできるかもしれないと思っている人もいるでしょう。しかし内部にはガス管などが通っていて、誤ってここを破損してしまうと大きな事故を引き起こすこともあり得ます。専門業者に作業をお願いするのが間違いないです。
ただし業者を呼ぶ前には、コンセントを抜いて給水バルブを閉めるところまでは行っておきましょう。給水バルブは本体のすぐ下にあるはずです。普段使っていないと硬くて閉められないこともあるでしょう。その場合、水道メーターの近くにある止水栓を止めることで代用も可能です。

■まとめ
給湯器の水漏れはしばしば起こるトラブルで、たいしたことないと思っている人もいるでしょう。しかしそのまま使い続けていると、危険な状態に陥る可能性も否定できません。できるだけ速やかに業者に依頼しましょう。業者のアドバイスを受けながら修理や交換を検討すべきです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ